職場環境改善

離職の防止や作業効率の向上そして社員間トラブルや事故の防止をするためには、職場の環境を改善しなければ問題解決にはなりません。

カウンセラーによるキャリアカウンセリングを行なうことでこれらの問題を解決することができます。

キャリア・カウンセリング

 労働者の職業の選択、職業生活設計または職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと

 

 メンター制度を職場に導入し、面談アドバイスを行なっていく。また、社内カウンセラー養成をおこなうことでメンター制度の質を向上させる。

 面談アドバイスでは、メンタルヘルスケア・ハラスメント対策・自己形成のためのカウンセリングなどを行なう。

更に職場でのコミュニケーション研修・新入社員研修・管理職研修・メンター研修・事業主メンターを実施する。


 【キャリアカウンセリング】は、自身のキャリアプランを明確にし、その為に必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していく為の有力な手段の一つとして活用することができます。

 面談を通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することができるようになり、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。

また、企業内では、必ずしも自身の希望が叶う訳ではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を拡げ、自身のキャリア形成を考えることができます。


伝えるアカデミーのキャリアカウンセリングは、下記の流れにカウンセリング要素を加えることで、より明確な結果を生み出しています。

 キャリアカウンセリングを継続することは職場の環境改善につながります。